Everyday is Wednesday

愉快な仲間はいないし、おもしろおかしくもない。

頭の悪い人間は、暇になると、頭の悪いことをしだす(例えばクソブログを書くとか)

人工知能が発達して、人間は労働から解放されるときが来るらしいです。
希望が多分に入ってますが、噂によればそうらしいです。
楽しいことだけやっていればいい時代が来たら、人間は何をするんでしょうね。
僕だったらゲームだと思うんですけど、楽しいことだけやっていればいい時代に創られるゲームってどんな感じなんでしょうか。
作り手は、自分の作りたいようにしか作らないはずです。やりたくないことをやる理由はない。
でもやっぱり、作り手どうしで「誰が一番面白いゲームを作れるか」みたいなことやりだすんでしょうか。
「趣味として、他人の評価は気にせず自分の好きなものだけ作る」人間と「他人と勝負して勝ちたい」人間ができる。
あれ、そもそもそんな時代に、他人の評価ってするのかな。
面白いか面白くないかわからないゲームなんかやらないかも。
そこをあえてやります!みたいな人間がいるのか。
人工知能が作ったゲームより面白いぞ!」みたいな。
じゃあやってみて、面白くて、作者に「いいね」つって。
では、言われなかった作者はどうするんだろか。
言われるまで頑張るのか、頑張らないのか。

 

マズローの欲求段階で言えば、人工知能が発達した時代、安全の欲求は果たせるので、みんながみんな「誰かに認められたいよ〜」となる?
誰かに認められるように、何をすればいい?
社会集団の中で、価値ある存在になるために何をする?
発達した人工知能がある以上、彼らにできないことをする必要がある。
人工知能でいいじゃん」となれば、人間の私は、社会から承認されない。

 

だからみんな、自分にしかできないことをやろうとする。
自分にしかできないことを持っていることは、超強烈な価値になる。カリスマ的な。
その一方で、人工知能より劣る人間はわんさかいる。
その人たちはきっとカリスマを崇めることに価値を見出す。信者的な。
カリスマ側も人工知能に崇められても仕方ないので、人間の信者を大切にすると思う。
信者は、信者であることが自身の価値なので、
自分が一番の信者であることを証明しようと争い出す。
カリスマは自分の承認者が減ると困るので、信者を諌める。

 

まとめると、
生活の雑多なことは人工知能がやってくれる時代が来たら、
数人のカリスマが神になり、その他は全員信者になる。
彼らはクニを作って〜

 

 

ああもう、やだやだ。

 

頭の悪い人間は、暇になると、頭の悪いことをしだす(例えばクソブログを書くとか)ので、適当に仕事を与えたほうがいいです社長。